インプラントで失くした歯を取り戻す【歯っ科り健康への道】

歯医者

現在の治療

笑顔

日本人は歯が汚い事で有名です。それは日本人の歯医者嫌いが大きく影響しています。治療…と言うと、どうしても痛くて、面倒で、長くて、治療費がかかるイメージがありませんか?それに、子供の頃のトラウマで歯医者がどうしても怖い、行きたくないと思っている人もいるでしょう。それらは全て日本人と歯医者のつきあいかたにあります、更に、治療技術の遅れが認識のズレを生み、日本人の口内環境の悪化へと繋がっています。

まず、海外と比べて1番違う部分と言えば、歯医者に対する向き合い方です。外国では、歯医者は治療しに行く機関では無く、予防しに行く所です。ですから、最近やっと日本でも馴染みが出てきた定期健診や、歯のクリーニング…それらは海外では当たり前の事なのです。しかし、日本ではまだ定期検診やクリーニングは馴染みが無く、そのうち面倒で行かなくなる人も多いのでは無いでしょうか?

日本の歯医者もいつまでも停止しているわけではありません、ちゃんとインプラント治療や無痛治療と言うように、技術は進化しています。インプラント治療を知れば、これまでどうしようも無かったような歯の治療だって可能になるのです。この治療は海外では当たり前に行われている治療ですが、日本ではまだ入ってきたばかりの審美治療としてインプラントは位置づけされています。この便利さ、快適さが広まれば、もっとインプラントが必要な治療だと広まり、保険適応内の治療に属する事になるかもしれません。その第一歩として、貴方もインプラントや最新の治療、そして歯との付き合い方を学んでいきませんか?貴方が知れば、子供だって口内環境を守れるようになりますし、自宅で出来るケアや予防方法もわかるようになってきますからね?

気になる問題点

看護師

インプラントは、直接歯の根本に埋め込む施術となります。その為、入れ歯とは異なり、大きな安定感を得ることができるでしょう。施術前には、一人一人異なる骨格を把握し、適したサイズに作られた義歯が必要となります。

View Detail

体の健康を守る

先生

歯の病気は、体全体の病気に繋がると言われています。その病気を食い止める為には、定期的な検診が重要となるでしょう。歯周病を発症した人でも、インプラント治療を受けて歯の健康を守ることができます。

View Detail

施術方法

医療器具

インプラントの施術では、患者の口腔環境により大規模な外科手術が必要になる場合もあります。基本的に健康保険が適用されないので、あらかじめ費用と施術法についてしっかりと説明を受けておきましょう。

View Detail